POPSELEGANCEのLIVEの模様です
2014.10.21
今回も・ハイネットさんの社長から、いつもの「胡蝶蘭」を頂きました。
真っ白はやはり綺麗ですよね~。ありがとうございます。


2段のゴージャスなスタンドは、Aさんからこちらもいつもお贈り頂き、
ホワイエを華やかに飾って下さいます。終演後お客様とワインなど
いただきながら写真を撮るのも、頂いたお花の前で、はい!ポーズ。


シーズンなのでステージのお花を今回は・ハロウィン一色で賑やかしく
飾ってみました。かぼちゃ!かっぼちゃ!で~す。

4、ギターの津村和彦さんとデュオでバラードから始まりました。


友人のシャンソン歌手・井関真人さんが来てくれました。
話す声だけでもうっとりする美しいバリトン?彼とは実は共通点があります。
『愛しちゃったのよ』の作家、浜口庫之助先生のお弟子だったのです。今は
自身歌いながら作曲も盛んに生み、後輩の指導にも打ち込んでいます。
来年、一緒に面白い会をしようか~?など楽屋でも盛り上がりました。


ハロウィンのかぼちゃはステージのどこそこに、山口じゅんちゃんの譜面台
でも、ピカピカ電気がついて、、。


伊藤強さん、小澤栄三さん、リハの後めずらしい3ショットを。


方や、辛口の音楽評論家、レコード大賞の審査委員長もなさった先生、
一方、恐い恐いやり手で、ヒットメーカーのレコードディレクター、
お二方とも昭和の歌謡曲全盛の頃、第一線でご活躍なさり、
一時代作られた方、みんなに怖れられ、また愛された業界の宝です。
きっと立場上、火花を散らした、、なんて時代もお有りだったかとも
普通に想像できるのですが、この一枚の写真素敵だと思いませんか~?
お二人ともステッキなどを手にされて、なんとも穏やかな表情!、
まるで牙を抜かれて、この易しさ、「好好爺}~?時ですね~。
POPSELEGANCE毎回見守って頂き、本当に有難く感謝いたしております。
分類: 日常
イオンでミニコンサート
2014.10.20
先日、西葛西の・イオンでミニコンサートをさせていただきました。
「G.G」ご存知ですよね、GrandGenerationそう決して「高齢者」では
ありませんよ。2フロアーを全てに、ゆったりと、品良く、大人の空間にデザイン
されていて、天井もすっごく高くて気持ちがのびのびして、お客様とも和やかに
歌ったりおしゃべりしたり、楽しいステージでした。又行きた~い!



我が家のヴェランダで育った・ふうせんかつら、沢山の実をつけました。
わずかこれだけでも、ちっちゃな白い花をつけると、蝶が舞ったり、雀が遊びに
きて、蜂も飛んできてくれて随分楽しめました。でも本当に素敵なのはこれから
です。もうすぐ種が採れるんです。ご存知かしら?黒い小粒になんときれいな
白いハートが一つついているのです。昔母と一緒に育てた思い出のハート!
なのです。




分類: 日常
訪問
2014.09.10
厳しいお暑さですが、お障りありませんか?

エキセントリックに天候が変わり、ゲリラ豪雨などの
被害が方々で起こっていますがどうぞ、
どなたもお大切にお過ごしくださいね。

そういえば「雹」、という言葉が、夏の季語だってご存知でしたか~
・雷、竜巻など気をつけましょうね~。

★今回の東北訪問は
・宮城県下の、南三陸、志津川中学校グランドの仮設住宅

・沼田地区応急仮設住宅

・伊保石ステ-ション応急仮設住宅の三箇所へお邪魔させて頂きました。







皆様と、ストラップやマグネットに小さなお花やクッキーなどで、
 思い思いに「デコる」という手芸をしました。



おしゃべりに花が咲きそれは賑やかでした。
「こんなに楽しいことはなかった}と言って頂いたことに、
このわたくしこそが大きなパワーを頂き大いに励まされました。
不自由な生活の中、仮設住宅の返還の必要などから移住の
話がどこそこで聞かれますが、、、

何とか早く落ち着いた日常を取り戻せるように、祈りながら、
こうやって、ご一緒に歌うことしか出来ません。



・移動の途中の時間を利用して、
あの「慶明丸」の三浦さき子さんをお訪ねし、お元気で
頑張っていらっしゃる事を確認し、再会を喜び合いました。



取れ取れのうに!真っ黒の以外がの針がまだ動いて、
身もだえするところを、「ごめん!」といってスプーンで頂いた
美味しさは感激でした。

遥か流されたラスカから戻ってきた、慶明丸の「慶」の黄色い
ブイを抱えてさき子さんと記念写真を。「農漁レストラン」として、
とても美味しい、新鮮な海の幸、山の幸を提供しておられます。
近くにいらした方は是非お訪ね下さい。



皆様、頑張り過ぎずに、、頑張って下さいね。

★日刊ゲンダイに懐かしい写真が出ました。
「ウワ~、二人とも若いな~!!」とは、かの、池上彰さんの
正直なご感想でした。



★そう、池上彰さんと対談をしたのですよ。つい先日のことです、



帝国書院の、全国の教員の方、そして教育関係の方に向けた
「階(きざはし)」という本の中での対談。
池上さんが、東京工業大学で講義をしていらっしゃる
「リベレルアーツ」の勉強を私が独占的に受けることができる!
と楽しみでした。
話は、池田さんの「それは何故ですか?」「どうしてですか?」
の質問攻めで、私も夢中でお話しました。



どんな内容かはまだ、まだ来年の出版なので、お待ちくださいね。

                        田代美代子
分類: 日常

- CafeNote -